スポンサーリンク

バーベキューしながらカラオケ大会

友達家族とYenSo公園というハノイ市内の少し南側にある大きい公園で日曜日にバーベキューをしました。朝10時に公園に行くと、予想通り既にテントがあちこちに。1年前までは私はハドン区に住んでいたので、この公園は休日にピクニックしに頻繁に来ていましたが、相変わらず人がいっぱいで、割ときれいで、いい雰囲気でした。ただ、暑い!4月まではハノイはそんなに暑くないので、まだなんとかいけますが、GWがギリギリいけるかアウトかのボーダーラインかな。GWにも日本人会でバーベキュー大会を企画してしまったところなんだけど・・。今日は友達の車に乗せてもらって、鶏肉バーベキューにしました。というのも、ハノイでは牛肉が高いし、おいしくないから。友達曰く、日本人がやってる牛肉屋(下記リンク)さんがあって、そこでは日本人が想像する牛肉の切り身が売ってるらしい。今度さっそく行ってみよう。ベトナムでは外でカラオケがすることも多いです。いや、多くはないか。でも日本でアウトドアとバーベキューがセットであるように、ベトナムではアウトドアはバーベキューよりむしろカラオケとセットです。前日の晩も公園で子どもを遊ばせてるのをバックに一人カラオケしてましたが、この日もサザンを熱唱。日本じゃできないことも、ベトナムに来ると恥ずかしさもなく、できちゃう不思議。解放感だよね

Cows masuda vietnam – Cows masuda vietnam

もっとおいしそうな写真がなかったものか💦序盤、焼くのに必死になってしまって写真全く撮ってなかった。でも、焼きかげんもうまくいって大好評でした。野菜、おにぎりは家で仕込んでいって(これも写真がないんだけど・・)持っていった。お湯が約3L入る大きい水筒も持っていった。冬ならコーヒーも飲めて大活躍するんだけど、この日もインスタント麺用のお湯として大活躍。バーベキューで焼きそばやりたがる、エセ・アウトドア気取りのやついるけど、「素人が!」って思う(笑)まぁあれはあれでおいしいんだけどね。でも鉄板いるわ、炭も調整しないといけないわで自動的に腹いっぱいになった終盤に登場するわで、苦労する割に活躍しないんだよね。カップ麺の方が別でできるし、10倍活躍するよ

まぁこんな感じで湖の前に陣取って、ゆっくりくつろぎました。風があって、まだ助かったけど、暑くて子供たちは早く帰りたがってた💦まぁこういうのは大人たちの精神状態の安定のためという位置づけのほうが大きいからね。でも、大人は楽しかったんじゃないかな。少なくとも私は充実して楽しい時間でした。私たちもミニテントは持っていて、ハノイではアウトドアショップで3000円ぐらいで購入できます。Vincom Loyal Cityの中に入ってる外資系の大きいアウトドア・スポーツショップ。名前はしらないけど。行ったらわかります

これ、初めて見たな。友達曰く前からあったらしい。何度も素通りしてたのか?まぁ鈍感なだけにあり得るな。レンタルサイクルで広い公園内をこげるらしい。数台だけ変わり種自転車みたいな大人と子ども両方乗れる長い自転車もあった。大阪住んでる人ならわかると思うけど、河内長野市にあるサイクルスポーツセンター。よー行ったなぁー。小学校に親に連れて行ってもらったときから、大人になってからでもデートで活用してた。それこそエセ・アウトドア派をアピールするためにね。俺は外が好きなんだよみたいな雰囲気を出して、ぶよぶよ肥えてたら何の説得力もないわな。1人キャンプブームで今はさらにエセ・アウトドア派のやつがいるか?10回以上やってれば、エセは取れると思うけど、そこまでする人ほとんどいないだろうな。バーベキューで必ず発生する炭の火付け問題、前述の焼きそば問題。片づけゴミ捨て問題。その辺の習熟度で判断してください。その辺がすんなりできればアウトドアマスターの入口だよね

子どもが遊べる遊具もだんだんできつつあります。この公園は売店もなければ、トイレもない。利権がからんでるのか、ブルーオーシャンなのか。今日はコーヒーショップが1件あったな。いや、ほしいのはアイスコーヒーじゃなくて、かき氷だろ?と突っ込んだよ。ハノイでも意外にバーベキュー禁止の公園も多いので、気を付けてください。管理人に偉そうに注意されて、嫌な気分になって帰るのはマスターとは言えないからね。そういう目にあったときは10万ドン(550円)渡してあと1時間で帰るから、ちょっとだけ見逃して!とお願いするのがアウトドアマスターというより、ベトナムマスターかもしれないね。郷に入っては郷に従え。大切ですよ!

コメント